Excel

Excel2019 リボンタブ「ファイル」-「エクスポート」 ショートカットキー 

ノラネコくん
ノラネコくん

Excelを良く使われるかたへ。

Excelには、ショートカットキーがあります。
いちいちマウスを操作しなくてもパソコンのキーボードで操作がおこなえます。

本記事ではExcel2019のリボンタブ「ファイル」-「エクスポート」のショートカットキーを掲載します。

 

Excelのリボンタブ「ファイル」-「エクスポート」のショートカットキー

 

項目 ショートカットキー
「ファイル」-「エクスポート」-「PDF/XPSドキュメントの作成」-「PDF/XPSの作成」 「AIt」→「F」→「E」→「P」→「A」
「ファイル」-「エクスポート」-「ファイルの種類の変更」-「ブック」 「AIt」→「F」→「E」→「C」→「Q」
「ファイル」-「エクスポート」-「ファイルの種類の変更」-「Excel97-2003ブック」 「AIt」→「F」→「E」→「C」→「L」
「ファイル」-「エクスポート」-「ファイルの種類の変更」-「Open Documentスプレットシート」 「AIt」→「F」→「E」→「C」→「O」
「ファイル」-「エクスポート」-「ファイルの種類の変更」-「テンプレート」 「AIt」→「F」→「E」→「C」→「T」
「ファイル」-「エクスポート」-「ファイルの種類の変更」-「マクロ有効ブック」 「AIt」→「F」→「E」→「C」→「M」
「ファイル」-「エクスポート」-「ファイルの種類の変更」-「バイナリ ブック」 「AIt」→「F」→「E」→「C」→「R」
「ファイル」-「エクスポート」-「ファイルの種類の変更」-「テキスト(タブ区切り)」 「AIt」→「F」→「E」→「C」→「X」
「ファイル」-「エクスポート」-「ファイルの種類の変更」-「CSV(コンマ区切り)」 「AIt」→「F」→「E」→「C」→「D」
「ファイル」-「エクスポート」-「ファイルの種類の変更」-「テキスト(スペース区切り)」」 「AIt」→「F」→「E」→「C」→「F」
「ファイル」-「エクスポート」-「ファイルの種類の変更」-「別のファイル形式として保存」 「AIt」→「F」→「E」→「C」→「V」
「ファイル」-「エクスポート」-「ファイルの種類の変更」-「名前を付けて保存」 「AIt」→「F」→「E」→「C」→「A」