Excel

Excel2019 リボンタブ「ファイル」-「情報」 ショートカットキー 

ノラネコくん
ノラネコくん

Excelを良く使われるかたへ。

Excelには、ショートカットキーがあります。
いちいちマウスを操作しなくてもパソコンのキーボードで操作がおこなえます。

本記事ではExcel2019のリボンタブ「ファイル」-「情報」のショートカットキーを掲載します。

 

Excelのリボンタブ「ファイル」-「情報」-「ブックの保護」のショートカットキー

 

項目 ショートカットキー ※キーは→順にゆっくり押していくとわかりやすいです
「ファイル」-「情報」-「ブックの保護」-「常に読み取り専用で開く」 「AIt」→「F」→「I」→「P」→「O」
「ファイル」-「情報」-「ブックの保護」-「パスワードを使用して暗号化」 AIt」→「F」→「I」→「P」→「E」
「ファイル」-「情報」-「ブックの保護」-「現在のシートの保護」 「AIt」→「F」→「I」→「P」→「P」
「ファイル」-「情報」-「ブックの保護」-「ブック構成の保護」 「AIt」→「F」→「I」→「P」→「W」
「ファイル」-「情報」-「ブックの保護」-「デジタル署名の追加」 「AIt」→「F」→「I」→「P」→「S」
「ファイル」-「情報」-「ブックの保護」-「最終版にする」 「AIt」→「F」→「I」→「P」→「F」

 

Excelのリボンタブ「ファイル」-「情報」-「ブックの検査」のショートカットキー

 

項目 ショートカットキー ※キーは→順にゆっくり押していくとわかりやすいです
「ファイル」-「情報」-「ブックの検査」-「ドキュメント検査」 「AIt」→「F」→「I」→「I」→「I」
「ファイル」-「情報」-「ブックの検査」-「アクセシビリティ チェック」 「AIt」→「F」→「I」→「I」→「A」
「ファイル」-「情報」-「ブックの検査」-「互換性チェック」 「AIt」→「F」→「I」→「I」→「C」

 

Excelのリボンタブ「ファイル」-「情報」-「ブックの管理」のショートカットキー

 

項目 ショートカットキー ※キーは→順にゆっくり押していくとわかりやすいです
「ファイル」-「情報」-「ブックの管理」-「保存されていないブックの回復」 「AIt」→「F」→「I」→「R」
「ファイル」-「情報」-「ブックの管理」-「保存されていないブックをすべて削除」 「AIt」→「F」→「I」→「R」

 

Excelのリボンタブ「ファイル」-「情報」-「ブラウザーの表示オプション」のショートカットキー

 

項目 ショートカットキー ※キーは→順にゆっくり押していくとわかりやすいです
「ファイル」-「情報」-「ブラウザーの表示オプション」 「AIt」→「F」→「I」→「A」

 

Excelのリボンタブ「ファイル」-「情報」

 

 

項目 ショートカットキー ※キーは→順にゆっくり押していくとわかりやすいです
「ファイル」-「情報」-「詳細プロパティ」 「AIt」→「F」→「I」→「QS」
「ファイル」-「情報」-「プロパティ」 「AIt」→「F」→「I」→「S」
「ファイル」-「情報」-「関連ユーザー」 「AIt」→「F」→「I」→「O」
「ファイル」-「情報」-「プロパティをすべて表示」 「AIt」→「F」→「I」→「QP」